シェアハウスでできる友達の特徴とは?

シェアハウスの魅力の一つが、一緒に住んでいる人と仲良くなれることですよね。シェアハウスを通じて得た友達は、学校などで作る友達とは少し違った点があります。それは「気の遣い方」です。普通の友達と同じように、シェアハウスの友達ともショッピングやカラオケなど色々な遊びを共有します。ただ、こういった遊びの中で相手に気を遣う必要性の度合いが普通の友達と異なるのです。例えば、一緒に暮らしている人たちとカラオケに行ったりします。どれくらい歌うかは人によって異なるので、たくさん歌う人と全然歌わない人が出てくるわけですね。もし学校で仲良くなったような友達とカラオケに行って、このような状況になったらどうなるでしょう?団体行動が望まれるという暗黙の了解がある分、歌わない人が気まずくなりそうですよね。しかしシェアハウスとの友達となら、そういった心配をする必要がありません。各々が自分のペースで楽しめます。一緒に暮らすことには互いのライフスタイルの違いを受け入れるという大前提があるからなのですね。シェアハウスでできた友達は、過剰に気を遣う必要がないという特徴があるのです。